バックナンバー
■vol.01里山が荒れてるって本当?
■vol.02木を植えることは善…?
■vol.03生物多様性ってなんだろう?
■vol.04雑木林的思考のすすめ
■vol.05ナラ枯れ病について想う
■vol.06「マンサクのファイトプラズマ病」の動向
■vol.07森林の持つ働き(生態系サービス)について、ちょっと考えよう
■vol.08地球温暖化防止と森林の働き
■vol.09もうすぐクリスマス!
■vol.10自然界の落し物集め
■vol.11生物多様性条約第10回締結国
会議に思う
■vol.12楽しい春の森あるき・T
■vol.13楽しい春の森あるき・U
■vol.14亜熱帯の森に遊ぶ
■vol.15「幸せの青い鳥」オオルリ
■vol.16マイ・フェイバリトゥ・スィング
■vol.17無器用な水生昆虫は地球史の
生き証人・ヒメタイコウチ
■vol.18南の森は不思議の森・その1
■vol.19南の森は不思議の森・その2
■vol.20南の森は不思議の森・その3
■vol.21南の森は不思議の森・その4
■vol.22南の森は不思議の森・その5
■vol.23北の島は夢物語のような島・その1
■vol.24北の島は夢物語のような島・その2
■vol.25北の島は夢物語のような島・その3
■vol.26身近な自然を大切にしよう・その1
■vol.27身近な自然を大切にしよう・その2
■vol.28身近な自然を大切にしよう・その3
■vol.29人工林問題について想う・その1
■vol.30人工林問題について想う・その2
■vol.31人工林問題について想う・その3
■vol.32人工林問題について想う・その4
■vol.33植物の分布の不思議(1)ヒトツバタゴ
■vol.34植物の分布の不思議(2)モウセンゴケ
■vol.35植物の分布の不思議(3)ヤワタソウ
■vol.36植物の分布の不思議(4)アキチョウジ
■vol.37森の贈り物 縁起木(1)
■vol.38森の贈り物 縁起木(2)
■vol.39森の贈り物 縁起木(3)
■vol.40今年の冬は野鳥が超少ない!
■vol.41今年の冬も変だぞ!
■vol.42地球温暖化と昆虫
■vol.43地球温暖化と植物
■vol.44今年の春は・・・・(1)
■vol.45今年の春は・・・・(2)
■vol.46マンガにちょっと登場する
動植物(1)ナナフシ
■vol.47マンガにちょっと登場する
動植物(2)シデムシ
■vol.48マンガにちょっと登場する
動植物(3)甲州野梅シデムシ
■vol.49マンガにちょっと登場する
動植物(4)セミの抜け殻
■vol.50マンガにちょっと登場する
動植物(5)ムササビ
■vol.51森を楽しむ(秋編)その1
■vol.52森を楽しむ(秋編)その2
■vol.53森を楽しむ(冬編)その1
■vol.54森を楽しむ(冬編)その2
■vol.55森を楽しむ(冬編)その3
■vol.56森を楽しむ(春編)その1
■vol.57森を楽しむ(春編)その2
■vol.58森を楽しむ(春編)その3
■vol.59森を楽しむ(春編)その4
■vol.60森を楽しむ(初夏編)その1
■vol.61森を楽しむ(初夏編)その2
■vol.62森を楽しむ(盛夏編)その1
■vol.63森を楽しむ(盛夏編)その2
■vol.64森を楽しむ(盛夏編)その3
■vol.65秋の七草(その1)ナデシコ
■vol.66秋の七草(その2)キキョウ
■vol.67海を渡る蝶
■vol.68落ち葉ひろいの楽しみ(1)
■vol.69落ち葉ひろいの楽しみ(2)
■vol.70落ち葉ひろいの楽しみ(3)
■vol.71正月は富士山を見よう
■vol.72冬は羊歯を観察しよう(1)
■vol.73冬は羊歯を観察しよう(2)
■vol.74冬は羊歯を観察しよう(3)
■vol.75満60才のひとりごと(1)
■vol.76満60才のひとりごと(2)
■vol.77花巡り、礼文島・利尻島の
思い出(1)
■vol.78花巡り、礼文島・利尻島の
思い出(2)
■vol.79花巡り、礼文島・利尻島の
思い出(3)
■vol.80花巡り、礼文島・利尻島の
思い出(4)
■vol.81昆虫の大発生を考えよう(1)
■vol.82昆虫の大発生を考えよう(2)
■vol.83昆虫の大発生を考えよう(3)
■vol.84野菊の楽しみ(1)
■vol.85野菊の楽しみ(2)
■vol.86正月にはオシドリを愛でよう
■vol.87この本を読もう(1)
■vol.88この本を読もう(2)
■vol.89この本を読もう(3)
■vol.90この本を読もう(4)
■vol.91この本を読もう(5)
■vol.92この本を読もう(6)
■vol.93この本を読もう(7)
■vol.94植物を育ててみよう(1)
■vol.95植物を育ててみよう(2)
※このコーナーは、みなさんのご質問
やご意見をもとに執筆されています。
どんなことでも、お待ちしています。
こちら からどうぞ。

 その九拾六 : 植物を育ててみよう(3)

 一生一回の最大のお買い物がマイホームです。最近の家は、建屋が大きく駐車場も複数確保してあります。残念ながら、その分庭が減る傾向にあります。しかし、畳一畳でも猫の額でもいいですから庭があると、ものすごく楽しみが増します。

 我が家の庭はほんの数坪のスペースですが、50種類以上の植物を植え、何とか育っています。
 区域を「ブナの森」「阿哲の森」「フォッサマグナの森」に分け、それぞれ「ブナ・キハダ・ヤマボウシ・メグスリノキなど」「チョウジガマズミ・シロヤマブキ・ウラジロウツギ」「サンショウバラ・ミヤマウグイスカグラ・コウヤミズキ」で構成しています。草本植物としては、エビネ・シラン・ニリンソウ・フクジュソウ・レンプクソウ・ヒメウズなどが育っています。

 これらの植物は盆栽の廃品をもらったり、挿し木や実生で育てたものばかりで、我が家に来た時から毎年四季おりおりの各種固有の美しさを見せてくれています。
 管理は特別なことはせず、数年に1回の剪定、年1回の施肥、真夏と真冬の水やり程度しかしていません。ですから実際には、過酷な環境に生き残った植物の集団という評価が正しいでしょう。

 ここ数年の北岡庭の流行は野菊です。
 ほとんどの種類は挿し木が非常に簡単で、花瓶にさした花から発根するほどです。環境が合わないリュウノウギクなどは枯れてしまいましたが、ヨメナ・ノコンギク・ノジギク・ダルマギク・シマカンギクなどが元気に育っています。
 初秋〜晩秋にかけて次々に咲く野菊は栽培も簡単で、誰にでもお勧めの植物です。

 近年、日本産植物の多くが絶滅危惧種に指定されるなどピンチにあります。開発・植生遷移・気候変動などの要因に加え、人為的な採集も大きな圧力になっています。販売や個人収集を目的とした採集は今も激しいものがあり、厳に慎むべき行為です。

 一方、身近で育てることは楽しみだけでなく学びの場としても、とても重要です。挿し木や実生など自然に与える負荷が少ない手法を多いに活用した植物栽培に挑戦してみましょう!







北岡明彦さんを紹介します
 1954年2月、名古屋市熱田区に生まれる。わずかに残る自然の中で「昆虫少年」として育つ。昆虫から植物、野鳥へと得意分野を広げながら、 日本全国を飛び回る。
 名古屋大学農学部林学科卒。愛知県林務課を経て、現在豊田市森林課勤務。日本自然保護協会の自然観察指導員。フィールドでの活動を重視し、 一年中、 公私の観察会で活躍。動植物全般の博識と森林の専門家としての教唆には絶大な信頼がある。 その人柄にもひかれて 「北岡ワールド」に魅せられた人々は多い。
ページを開いた本のイラスト  『中部の山々1,2』(東海財団)『日本どんぐり大図鑑』(偕成社)など執筆、編集。「面の木倶楽部」 「瀬戸自然の会」を主宰。愛知県瀬戸市在住。





Copyright(C)2009 lovelyearth Japan All Rights Reserved