武田家の旗印である“風林火山”の中では「静かなること林の如し」とありますが、 森からはいろいろな言葉が発信されています。それを聞き取れるかどうかは、私たち受け取る側の感受性の問題です。私の担当する、このコーナーでは「どうすれば森のひとり言を聞くことができるか?」 のヒントとなるような小話を紹介していきたいと思います。
北岡明彦

バックナンバー
 vol.1
 里山が荒れてるって本当?

 ■vol.2
 木を植えることは善・・・?


 
ブナの若葉の写真
北岡明彦さんを紹介します
1954年2月、名古屋市熱田区に生まれる。わずかに残る自然の中で「昆虫少年」として育つ。昆虫から植物、野鳥へと得意分野を広げながら、日本全国を飛び回る。

名古屋大学農学部林学科卒。愛知県林務課を経て、現在豊田市森林課勤務。日本自然保護協会の自然観察指導員。フィールドでの活動を重視し、一年中、 公私の観察会で活躍。動植物全般の博識と森林の専門家としての教唆には絶大な信頼がある。その人柄にもひかれて「北岡ワールド」に魅せられた人々は多い。

『中部の山々1,2』(東海財団)『日本どんぐり大図鑑』(偕成社)など執筆、編集。「面の木倶楽部」 「瀬戸自ページを開いた本のイラスト然の会」を主宰。愛知県瀬戸市在住。
■ラブリーアースJapan設立当初から、森林・自然にとどまらず、ものの見方、考え方など貴重なアドバイスをいただいています。

■このコーナーは、みなさんのご質問やご意見をもとに執筆されています。
どんなことでも、お待ちしています。こちらからどうぞ。


 その参 : 生物多様性って何だろう?

 「生物多様性が高い」という意味を一番簡単に表現すれば、 「一定の場所に生物の種類数が1種類でも多く生息していること」となります。自然の豊かさを示すバロメーターのひとつとして、生物多様性は重要です。

 それでは、生物の種類がどんな種類でもいいから多ければ良いのでしょうか?もちろん、少ないより多い方が良いことは確かですが、生息している生物の顔触れ(構成種)も自然の豊かさを示す重要なバロメーターです。

 例えば、森林でいうと、先駆植生・二次林・極相林のうち、最も生物多様性が高いのは二次林です。それは、姿を消しつつある先駆植生(ススキ草原やアカマツ林)の生き残り、二次林の構成種、極相林のうちの初期出現種の3要素の構成種が共存しているからです。
 極相林では、先駆植生のほぼ全てと二次林構成種の大部分が消滅してしまいますから、当然生物相はやや単純化されます。
 では、生物の多様性が低いから、ブナ林やシイ林などの極相林は、コナラ・アベマキなどの二次林より自然が豊かではないでしょうか? 評価や重要性が低いでしょうか?そんな訳はありません。

 だから、一般的にいわれているように『人の手(利用)が入らなくなった里山の二次林は(生物多様性を高めるために)手を入れなければならない』なんてことはありません。人間が手を入れなくなれば、二次林は極相林(原生林)に向かってゆっくり植生遷移するだけですから・・・・。
 もちろん、特定の種を保護育成するための人為的管理や経済的な利用、公園的な利用などを、自然に与える影響を十分考えながら実施していくことは問題ありません。そもそも、生物の多様性は、生物をとりまく無機的環境(地形・地質・水分条件・斜面方向・傾斜角など)や有機的環境(他の動植物との関係など)の多様性によって左右されるのですから。そして、人間の影響も有機的環境のひとつにすぎません。

人間の経済活動とうまく合致して成立してきたのが、里山の雑木林でした。これからの里山管理に道標はありませんから、みんなで知恵を出して考えるほかはありません。










Copyright(C)2009 lovelyearth Japan All Rights Reserved