バックナンバー
■vol.01里山が荒れてるって本当?
■vol.02木を植えることは善…?
■vol.03生物多様性ってなんだろう?
■vol.04雑木林的思考のすすめ
■vol.05ナラ枯れ病について想う
■vol.06「マンサクのファイトプラズマ病」の動向
■vol.07森林の持つ働き(生態系サービス)について、ちょっと考えよう
■vol.08地球温暖化防止と森林の働き
■vol.09もうすぐクリスマス!
■vol.10自然界の落し物集め
■vol.11生物多様性条約第10回締結国
会議に思う
■vol.12楽しい春の森あるき・T
■vol.13楽しい春の森あるき・U
■vol.14亜熱帯の森に遊ぶ
■vol.15「幸せの青い鳥」オオルリ
■vol.16マイ・フェイバリトゥ・スィング
■vol.17無器用な水生昆虫は地球史の
生き証人・ヒメタイコウチ
■vol.18南の森は不思議の森・その1
■vol.19南の森は不思議の森・その2
■vol.20南の森は不思議の森・その3
■vol.21南の森は不思議の森・その4
■vol.22南の森は不思議の森・その5
■vol.23北の島は夢物語のような島・その1
■vol.24北の島は夢物語のような島・その2
■vol.25北の島は夢物語のような島・その3
■vol.26身近な自然を大切にしよう・その1
■vol.27身近な自然を大切にしよう・その2
■vol.28身近な自然を大切にしよう・その3
■vol.29人工林問題について想う・その1
■vol.30人工林問題について想う・その2
■vol.31人工林問題について想う・その3
■vol.32人工林問題について想う・その4
■vol.33植物の分布の不思議(1)ヒトツバタゴ
■vol.34植物の分布の不思議(2)モウセンゴケ
■vol.35植物の分布の不思議(3)ヤワタソウ
■vol.36植物の分布の不思議(4)アキチョウジ
■vol.37森の贈り物 縁起木(1)
■vol.38森の贈り物 縁起木(2)
■vol.39森の贈り物 縁起木(3)
■vol.40今年の冬は野鳥が超少ない!
■vol.41今年の冬も変だぞ!
■vol.42地球温暖化と昆虫
■vol.43地球温暖化と植物
■vol.44今年の春は・・・・(1)
■vol.45今年の春は・・・・(2)
■vol.46マンガにちょっと登場する
動植物(1)ナナフシ
■vol.47マンガにちょっと登場する
動植物(2)シデムシ
■vol.48マンガにちょっと登場する
動植物(3)甲州野梅シデムシ
■vol.49マンガにちょっと登場する
動植物(4)セミの抜け殻
■vol.50マンガにちょっと登場する
動植物(5)ムササビ
■vol.51森を楽しむ(秋編)その1
■vol.52森を楽しむ(秋編)その2
■vol.53森を楽しむ(冬編)その1
■vol.54森を楽しむ(冬編)その2
■vol.55森を楽しむ(冬編)その3
■vol.56森を楽しむ(春編)その1
■vol.57森を楽しむ(春編)その2
■vol.58森を楽しむ(春編)その3
■vol.59森を楽しむ(春編)その4
■vol.60森を楽しむ(初夏編)その1
■vol.61森を楽しむ(初夏編)その2
■vol.62森を楽しむ(盛夏編)その1
■vol.63森を楽しむ(盛夏編)その2
■vol.64森を楽しむ(盛夏編)その3
■vol.65秋の七草(その1)ナデシコ
■vol.66秋の七草(その2)キキョウ
※このコーナーは、みなさんのご質問
やご意見をもとに執筆されています。
どんなことでも、お待ちしています。
こちら からどうぞ。

 その六拾七 : 海を渡る蝶

 秋になると急に増えるチョウが何種類かいます。
 代表的なチョウがウラナミシジミ・イチモンジセセリ・アサギマダラの3種類です。

 ウラナミシジミは大豆やソラマメの若い実を食べながら、九州から少しずつ北上していきます。
 イチモンジセセリは稲の葉を食べながら北上し、晩夏になると大群となって南へ移動します。私も8月末に南アルプスの北岳山頂付近の稜線を次々に飛び越えていくイチモンジセセリの大群に出会ったことがあります。

 大型で美しいアサギマダラは、秋に急増するのが最もわかりやすい種類です。夏は涼しい高原地帯でイケマを食べて成虫となった個体が、気温が下がるに従って少しずつ里に降り始めます。
 愛知県で里山に降りてくるのが、例年9月末から10月中旬頃で、ちょうどヒヨドリバナ・フジバカマ・セイタカアワダチソウなど秋の花が満開となって成虫の餌となる花の蜜がたっぷりある季節です。

 そして、少しずつ花が減り寒さも厳しくなっていく10月下旬から、南方へ移動を始めます。ちょうど伊良湖岬をタカの仲間、サシバが渡っていく時期と同じくして、風にフワフワ流されるように志摩半島へ飛び去ります。サシバのように群れを作ることはなく、1匹ずつパラパラと渡ります。

 日本各地で羽根にマークを書いたアサギマダラが放蝶されており、移動状況が調べられています。その結果、和歌山県から約800kmも離れた
喜界島まで、わずか4日間で飛んだ事例も知られています。

 今、目の前にいるアサギマダラは、これからどこまで飛んでいくのでしょう?
                                            







北岡明彦さんを紹介します
 1954年2月、名古屋市熱田区に生まれる。わずかに残る自然の中で「昆虫少年」として育つ。昆虫から植物、野鳥へと得意分野を広げながら、 日本全国を飛び回る。
 名古屋大学農学部林学科卒。愛知県林務課を経て、現在豊田市森林課勤務。日本自然保護協会の自然観察指導員。フィールドでの活動を重視し、 一年中、 公私の観察会で活躍。動植物全般の博識と森林の専門家としての教唆には絶大な信頼がある。 その人柄にもひかれて 「北岡ワールド」に魅せられた人々は多い。
ページを開いた本のイラスト  『中部の山々1,2』(東海財団)『日本どんぐり大図鑑』(偕成社)など執筆、編集。「面の木倶楽部」 「瀬戸自然の会」を主宰。愛知県瀬戸市在住。





Copyright(C)2009 lovelyearth Japan All Rights Reserved