バックナンバー
■vol.01里山が荒れてるって本当?
■vol.02木を植えることは善…?
■vol.03生物多様性ってなんだろう?
■vol.04雑木林的思考のすすめ
■vol.05ナラ枯れ病について想う
■vol.06「マンサクのファイトプラズマ病」の動向
■vol.07森林の持つ働き(生態系サービス)について、ちょっと考えよう
■vol.08地球温暖化防止と森林の働き
■vol.09もうすぐクリスマス!
■vol.10自然界の落し物集め
■vol.11生物多様性条約第10回締結国
会議に思う
■vol.12楽しい春の森あるき・T
■vol.13楽しい春の森あるき・U
■vol.14亜熱帯の森に遊ぶ
■vol.15「幸せの青い鳥」オオルリ
■vol.16マイ・フェイバリトゥ・スィング
■vol.17無器用な水生昆虫は地球史の
生き証人・ヒメタイコウチ
■vol.18南の森は不思議の森・その1
■vol.19南の森は不思議の森・その2
■vol.20南の森は不思議の森・その3
■vol.21南の森は不思議の森・その4
■vol.22南の森は不思議の森・その5
■vol.23北の島は夢物語のような島・その1
■vol.24北の島は夢物語のような島・その2
■vol.25北の島は夢物語のような島・その3
■vol.26身近な自然を大切にしよう・その1
■vol.27身近な自然を大切にしよう・その2
■vol.28身近な自然を大切にしよう・その3
■vol.29人工林問題について想う・その1
■vol.30人工林問題について想う・その2
■vol.31人工林問題について想う・その3
■vol.32人工林問題について想う・その4
■vol.33植物の分布の不思議(1)ヒトツバタゴ
■vol.34植物の分布の不思議(2)モウセンゴケ
■vol.35植物の分布の不思議(3)ヤワタソウ
■vol.36植物の分布の不思議(4)アキチョウジ
■vol.37森の贈り物 縁起木(1)
■vol.38森の贈り物 縁起木(2)
■vol.39森の贈り物 縁起木(3)
■vol.40今年の冬は野鳥が超少ない!
■vol.41今年の冬も変だぞ!
■vol.42地球温暖化と昆虫
■vol.43地球温暖化と植物
■vol.44今年の春は・・・・(1)
■vol.45今年の春は・・・・(2)
■vol.46マンガにちょっと登場する
動植物(1)ナナフシ
■vol.47マンガにちょっと登場する
動植物(2)シデムシ
■vol.48マンガにちょっと登場する
動植物(3)甲州野梅シデムシ
■vol.49マンガにちょっと登場する
動植物(4)セミの抜け殻
■vol.50マンガにちょっと登場する
動植物(5)ムササビ
■vol.51森を楽しむ(秋編)その1
■vol.52森を楽しむ(秋編)その2
■vol.53森を楽しむ(冬編)その1
■vol.54森を楽しむ(冬編)その2
■vol.55森を楽しむ(冬編)その3
■vol.56森を楽しむ(春編)その1
■vol.57森を楽しむ(春編)その2
■vol.58森を楽しむ(春編)その3
■vol.59森を楽しむ(春編)その4
■vol.60森を楽しむ(初夏編)その1
■vol.61森を楽しむ(初夏編)その2
■vol.62森を楽しむ(盛夏編)その1
■vol.63森を楽しむ(盛夏編)その2
■vol.64森を楽しむ(盛夏編)その3
■vol.65秋の七草(その1)ナデシコ
■vol.66秋の七草(その2)キキョウ
■vol.67海を渡る蝶
■vol.68落ち葉ひろいの楽しみ(1)
■vol.69落ち葉ひろいの楽しみ(2)
■vol.70落ち葉ひろいの楽しみ(3)
■vol.71正月は富士山を見よう
■vol.72冬は羊歯を観察しよう(1)
■vol.73冬は羊歯を観察しよう(2)
■vol.74冬は羊歯を観察しよう(3)
■vol.75満60才のひとりごと(1)
■vol.76満60才のひとりごと(2)
■vol.77花巡り、礼文島・利尻島の
思い出(1)
■vol.78花巡り、礼文島・利尻島の
思い出(2)
■vol.79花巡り、礼文島・利尻島の
思い出(3)
■vol.80花巡り、礼文島・利尻島の
思い出(4)
■vol.81昆虫の大発生を考えよう(1)
■vol.82昆虫の大発生を考えよう(2)
■vol.83昆虫の大発生を考えよう(3)
■vol.84野菊の楽しみ(1)
※このコーナーは、みなさんのご質問
やご意見をもとに執筆されています。
どんなことでも、お待ちしています。
こちら からどうぞ。

 その八拾五 : 野菊の楽しみ(2)

 日本の海岸線は、秋になるといろいろな野菊の花に飾られます。

 その種類は地域によって異なり、独特の景観が見られます。
 南から順に、鹿児島県沖永良部島から高知県足摺岬にかけての太平洋側は白い花のノジギクの仲間、熊本県天草諸島から富山県にかけての日本海側には薄紫色の花をつけるハマベノギクの仲間、高知県室戸岬から千葉県犬吠埼にかけては舌状花がなく黄色のシオギクの仲間、茨城県から北海道にかけては白い花のコハマギクとハマギクが分布します。その他、鳥取県から福井県にかけてのみ、リュウノウギクの海岸型であるワカサハマギクが見られます。

 中秋から初冬が「菊見」の好時期で、昨年は長崎県のダルマギク、今年は青森県のハマギクの超美花を楽しみましたが、荒々しい海岸の景色、深い青色の海と青空、その岸壁に群生する野菊の美しさは本当に素敵でした。
 ダルマギクは優しい薄紫色の花と東シナ海に面した断崖の景観、茎や葉に密生する腺毛で粘る手触りが独特です。
 一方、ハマギクは園芸品かと見間違う程の直径8cmにも達する巨大な白花が群生する姿が圧巻です。9月末に青森県八戸市にある種差海岸で初めて観察しましたが、思わず声を失う程の感動的な美しさでした。日本特産で一属一種の非常に貴重な種類ですが、海岸の赤褐色の岩場を白く彩る景色は「ブラボー!」の一言です。

 皆さんも、一年の最後の花見として、日本列島菊見の旅にチャレンジして下さい。
                      







北岡明彦さんを紹介します
 1954年2月、名古屋市熱田区に生まれる。わずかに残る自然の中で「昆虫少年」として育つ。昆虫から植物、野鳥へと得意分野を広げながら、 日本全国を飛び回る。
 名古屋大学農学部林学科卒。愛知県林務課を経て、現在豊田市森林課勤務。日本自然保護協会の自然観察指導員。フィールドでの活動を重視し、 一年中、 公私の観察会で活躍。動植物全般の博識と森林の専門家としての教唆には絶大な信頼がある。 その人柄にもひかれて 「北岡ワールド」に魅せられた人々は多い。
ページを開いた本のイラスト  『中部の山々1,2』(東海財団)『日本どんぐり大図鑑』(偕成社)など執筆、編集。「面の木倶楽部」 「瀬戸自然の会」を主宰。愛知県瀬戸市在住。





Copyright(C)2009 lovelyearth Japan All Rights Reserved