散 歩 道


花 紀 行


鈴鹿山脈の御池岳に登りました

晩春から初春へ 巻き戻しの登山道

八合目からは残雪
稜線では
曇り空を
未だ冷たい風が渡っていきました



タムシバ(匂辛夷/田虫葉)

タムシバの咲く下山道
ようやく春の樹林帯に
キビタキが樹間を忙しく飛び回り
シマリスが行く手を駆け抜けました

芽吹きとともに、始まりの季です


トチ(栃)


キクザキイチゲ(菊咲一華)

ボタンネコノメソウ(牡丹猫の目草)

ハナネコノメ(花猫の目)
 
エンレイソウ(延齢草)

イチリンソウ(一輪草)

イワウチワ(岩団扇)

ミノコバイモ(美濃小貝母)

アズマイチゲ(東一華)


名古屋市街地の相生山
みどりの光につつみこまれて歩きます

ズミ、ツクバネウツギ、サワフタギ、ミヤマガマズミ・・・・
華やかな白の競演



ズミ(桷/酸実)=小梨

サワフタギ(沢蓋木)
虫も蝶も野鳥たちも
いのちの輝きいっぱい

初夏の森です
力あふれ、流れ出す森です



    撮影:御池岳(標高1247m・鈴鹿山脈の最高峰)三重県いなべ市~滋賀県東近江市  2011.4.30
       :相生山緑地  名古屋市天白区                              2011.5. 5




バックナンバー
3月・4月 森の春 5月 田植え 夏の始まり 暑中お見舞い 残暑お見舞
秋ー収穫 秋・ブナの森 冬の始め 森ー冬から春へ 春その1
春の森からの贈り物 四谷の棚田 2010夏山NOTE 屋久島
冠山から「水になった村」徳山へ 2011年卯(兎)年 春をまつ森 野の春 山の春




Copyright(C)2009 lovelyearth Japan All Rights Reserved